パティスリー アニバーサリー

131023.jpg
 

  ころんと愛らしい形。ことしの新作「丸ごとアップルパイ」(580円)は、店頭に並ぶと、早々に売り切れる人気商品だ。
 「旬の素材をおいしく食べてもらいたい」と工夫を凝らすオーナーシェフの信友慎也さん。リンゴ本来の味を生かすため、甘すぎないシロップで1個丸ごと、じっくり煮込む。中心にアーモンドクリームを絞り込み、周りをアーモンドクリーム、スポンジ、パイの3層で包んで焼き上げる。
 リンゴは主に山形県産の「ふじ」。甘味と酸味のバランスがよく、火を通してもシャキッとした歯応えが残る。手間暇かけた味は、11月中旬まで。
 モンブランは定番のクリなど7種類がずらり。「安納芋(あんのういも)のモンブラン」(370円)は、甘味が強い種子島産の安納芋をクリームにもたっぷり使ったお薦めの一品。「かぼちゃのモンブラン」(360円)は、ハロウィーンにぜひどうぞ。

【写真説明】本来の味わいを生かした丸ごとアップルパイ


DATA

【Map】

  • パティスリー アニバーサリー
  • 広島市南区段原山崎3の2の3
  • Tel082(287)2380